美への執念?驚きの美容整形?その熱意と執念

西洋の価値観?美容整形とメディア

美容整形という行為が最初に行われたのは、紀元前のインドにおいてと言われています。美を追い求めるという行為は遥か昔から行われており、時代によっては価値観が変化し、美の基準すら異なりますが、現在の美の基準において大きな影響を及ぼしたのが、西洋における基準。テレビ等のメディアを通して、世界各地に似通った美の価値基準が広がっていき、現在の日本においてもこうした美の基準に合わせて顔や体型を変えるために美容整形が行われています。

美の探求?顔に対する関心

美容整形を行う上で最も頻繁に手術が行われる部位は顔です。少しでも顔を小さくするために、手術を受けたり、鼻を高くするための手術や、シワを無くすための手術等、あの手この手で現在の自分よりも美しくなる手段が模索されています。顔はいつも外にさらす部位なので、服等で誤魔化す事が難しく、また目を見て会話をするなどと言われているように他人に対しても意識されがちなので、顔に対してこれほど多くの手術が生み出されたのでしょう。

驚きの美容整形?毒も薬に

美の探求は非常に長く続けられた行為ですが、中には信じられない様な物まで美を求める為に使われています。その一つの例がボツリヌス菌が生成する毒素。生み出される毒素にも種類がありますが、最も強い物と成ると現在発見されている全ての毒の中でも最も強力な物であり、その毒性は人間が生み出した毒ガスを初めとしたあらゆる毒を遥かに上回っています。ですが、毒の特性、神経に対して働く物が多くこの毒が持つ働きかけが、筋肉に影響を与える為に、様々な治療や美容整形に利用されているので、人が持つ美への執念の高さが伺えます。

処女膜の再生とは、失われてしまった処女膜を手術によって再び形成することを言います。美容整形外科などで受診できます。