男性の悩みである包茎!3つの症状を知ろう

日本人に多いのが仮性包茎

包茎は男性性器に起こる症状であり、人によってタイプは異なります。大きく3つのタイプに分ける事ができるのですが、日本人に最も多いと言われているのが「仮性包茎」です。これは勃起時や自分で手で包皮を剥くと簡単に亀頭が露出するタイプであり、比較的症状としては軽い方になります。しかし仮性包茎であっても重症化している場合には、勃起しても亀頭が全く露出する事ができない事もあるのですよ。自分がもしこのような症状であれば一度医師に相談すると良いでしょう。

締め付けてしまうのがカントン包茎

次はカントン包茎についてです。これは勃起時には亀頭を露出させる事ができるのですが、包皮口が狭いため亀頭の根元を締め付けてしまう事があります。無理に亀頭を露出させてしまうと締め付けたまま元に戻らなくなってしまい、そのうち血液が流れなくなってうっ血したりむくみ、また痛みなども出てきてしまうのです。締め付けて痛みが出ている場合には自分で何とかしようと考えずにすぐに病院に行って医師に診察してもらいましょう。

手術が必要な真性包茎

包茎は3つのタイプに分ける事ができるのですが、その中で最も症状が重いのが真性包茎です。これは勃起したり手で皮を剥いても全く亀頭を露出させる事ができないため、汚れが溜まりやすく菌なども繁殖しやすくなってしまいます。また成長の妨げにもなってしまうため真性包茎の場合にはすぐに病院に行く必要があります。真性包茎の場合には手術しなければ治せないと言われているので、気が付いたらすぐに治療したほうが安心ですよね。

包茎を改善したいと考える場合には、手術を取り扱っているクリニックなどで医師に相談をしてみると良いでしょう。